大阪・豊中・吹田・尼崎・芦屋・西宮・神戸の外壁塗装は外壁塗装研究所「住まいるペイント」へお任せ下さい。
【シミュレーション/見積もり/業者/安い/比較/相場/費用/単価/価格/評判/大阪市/豊中/吹田】
大阪市・北摂・阪神地区のお住まいを安心価格&高品質な塗装で守ります。

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積り・ご相談

豆知識TRIVIA

外壁塗装のひび割れは早めに対応しないと修理費用が数倍に

2019.12.25

新築でマイホームを手に入れたという方も、長年家に住んでいる以上外壁の劣化が免れません。
特に目立ちやすい外壁のひび割れはそのまま放置しても良いのか、
すぐにでも専門業者に依頼をして補修をしてもらうべきなのか悩んでいる方も少なくありません。

水漏れなどが起こっていないなど、普段の生活に影響がでてきていないからといって、
そのままヒビを放置したままになってしまうと、初期の状態なら塗装で補修が行えたものが、
大規模なリフォームが必要となる場合があり修理費用が数倍になってしまう可能性もでてきます。

こういったマイホームのトラブルを適切に対処するためにも、定期的な外壁塗装を行うことは必要だとされています。
まず外壁は放置しておくと塗装は劣化して、通常の耐久性がなくなり剥がれ落ちてしまう原因となります。

そして劣化した部分にヒビが入り、この部分に湿気や汚れ、雨が内部に入り込むことによって
内部から腐食が始まりどんどん劣化を拡げてしまいます。そのため外壁塗装の塗替え時期は10年
を目安に行うことが理想だと言われており、場合によっては早く塗り直したほうが良いケースも
あるので、こまめに自宅の壁をチェックする習慣を付けましょう。

そして家の壁に出来るヒビにはヘアークラックとクラックの2種類があります。
前者は下地にダメージはなく、塗膜のみダメージを受けている状態です。

通常壁には基材の上から塗料を塗っているため表面には塗膜が形成されていますが、
この部分だけに小さくヒビが入っている状態をヘアークラックと呼びます。

クラックは下地へのダメージが進行してしまっている状態で、ヘアークラックよりも確実に深刻です。
塗膜だけではなく下地にまでダメージがあるので、早めに専門業者に見てもらう必要があります。
こういった家の壁に起こるトラブルの種類をきちんと理解した上で、早めの対処を行うタイミング
を自分で見極められるようになりましょう。

新築の状態では壁にヒビなどはほとんど入っていない綺麗な状態で、だんだん幅0.3mm以下の
ヘアークラックが目立ち始めます。ヘアークラックの自体はすぐに補修を行う必要はなく、現状維持
にして定期的に広がっていないかチェックするようにしましょう。

幅1mm以上のクラックが目立ってくると、段差がある場合建物構造に起因するダメージの可能性もある
ため外壁塗装と同時に、下地や構造部分を調べることが大切です。幅3mm以上になると今すぐ補修が
必須の状態で、建物内に水分が浸透している可能性が高いので早急に専門業者に連絡をして状態を
見てもらうようにしましょう。

MESSAGE

住まいるペイント代表
矢冨 俊行
TOSHIYUKI YATOMI

仕上がり
イメージが
わかる
カラーシミュレーション


診断無料


診断無料

2分で分かる住まいるペイントの全貌!

ホームページからのお見積もり依頼で
500ポイントプレゼント!
住まいるペイントはTポイント加盟店です

施工事例

住まいるペイントの外壁塗装、屋根塗装工事の施工事例をご覧下さい。

屋根・外壁塗装工事 施工対応エリア

住まいるペイントは大阪府(大阪市・豊中市・吹田市)、兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)の北摂・阪神を中心に屋根・外壁塗装工事を承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。
※その他の地域の方もお気軽にご相談ください!

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積もり