大阪・豊中・吹田・尼崎・芦屋・西宮・神戸の外壁塗装は外壁塗装研究所「住まいるペイント」へお任せ下さい。
【シミュレーション/見積もり/業者/安い/比較/相場/費用/単価/価格/評判/大阪市/豊中/吹田】
大阪市・北摂・阪神地区のお住まいを安心価格&高品質な塗装で守ります。

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積り・ご相談

豆知識TRIVIA

外壁塗装の目安は?壁の寿命って?

2020.01.29

適切な施工が行われていた場合には、新築から10年ほどで壁の寿命を迎えることはまずありません。

長く外壁の性能を維持するのであれば、環境条件や外壁の種類によっても異なりますが、10年を目安に外壁塗装を行うなどのメンテナンスが必要になります。これらを繰り返すことによって、壁の寿命をのばすことができるでしょう。
しかし壁が寿命を迎えそうな時に外壁塗装を検討していては、あまりにも遅すぎます。そのため外壁塗装を行う症状やサインなどを日々チェックしておく必要があります。劣化症状があらわれたときには、実施タイミングだと考えておくと安心です。

まず最初に何となく外壁が汚れてきたと感じる場合には、外壁塗装のタイミングだと言えるでしょう。

汚れがつきやすくなっているということは、塗装の耐久性や防水力などが低下していることでもあります。まずは業者に塗り替えが必要である状態かを点検してもらうことから始めましょう。

これにより外壁塗装が必要であると判断された場合には、依頼を検討することになります。地域により気候の特徴が異なり、寒冷地や積雪の地域、台風が接近しやすいエリアなどの場合には、塗装のタイミングも限られてくることがあるので、季節ごとの特徴を知り自分のエリアにあったタイミングで塗装を考えます。

そして早急に検討が必要な例として、チョーキング現象と呼ばれるものがあげられます。

これは外壁を触った際に、壁の色と同じ色の粉が手に付くことで判断することができます。紫外線や太陽の光、風や雨水など様々な外部からの刺激によって、塗装は日々劣化していきます。この塗装の成分が劣化してチョークの粉のように壁の表面に付着している状態を、チョーキング現象と呼んでいます。

 

この現象が発生しているということは、塗料の耐久力が失われてきている状態です。

できる限り早い段階で塗り替えを行う必要があります。

この現象は劣化現象の中でも分かりやすいものなので、だれもがチェックできるので頭に入れておきましょう。そしてひび割れの状態も深刻な状態です。すき間から雨が入り込んで、カビやさび、腐食などを発生させる原因にもなります。見た目が悪いだけではなく、建物自体の強度が低下することにもつながります。

そして室内に雨漏りが発生している場合には、外壁や屋根などに何らかの問題が発生している証拠でもあります。早急に補修しなければ、内装が傷むだけではなく、構造が劣化して家全体の耐久性が落ちてしまう可能性もあるので、早急に依頼するようにしましょう。

  

MESSAGE

住まいるペイント代表
矢冨 俊行
TOSHIYUKI YATOMI

仕上がり
イメージが
わかる
カラーシミュレーション


診断無料


診断無料

2分で分かる住まいるペイントの全貌!

ホームページからのお見積もり依頼で
500ポイントプレゼント!
住まいるペイントはTポイント加盟店です

施工事例

住まいるペイントの外壁塗装、屋根塗装工事の施工事例をご覧下さい。

屋根・外壁塗装工事 施工対応エリア

住まいるペイントは大阪府(大阪市・豊中市・吹田市)、兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)の北摂・阪神を中心に屋根・外壁塗装工事を承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。
※その他の地域の方もお気軽にご相談ください!

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積もり