大阪・豊中・吹田・尼崎・芦屋・西宮・神戸の外壁塗装は外壁塗装研究所「住まいるペイント」へお任せ下さい。
【シミュレーション/見積もり/業者/安い/比較/相場/費用/単価/価格/評判/大阪市/豊中/吹田】
大阪市・北摂・阪神地区のお住まいを安心価格&高品質な塗装で守ります。

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積り・ご相談

豆知識TRIVIA

断熱塗装の注意点とは?

2020.08.23

外壁塗装を塗り直す際に断熱をしたいと考えているのであれば、まず断熱塗装と遮熱塗装の違いについて知る必要があります。
遮熱塗料は加工したときに熱を反射するのに対して、断熱塗料は太陽の熱を塗膜に溜め込んで伝達するのを抑制します。
断熱塗料は夏に涼しく冬に暖かいという特徴がありますが、遮熱・断熱効果を高める熱伝導率と断熱性能に注目することが重要です。

建物の外壁や用途に応じて最適な塗料を選択すれば、快適に過ごすことができるだけでなく光熱費も削減できます。

断熱塗料は熱伝導率が低く冬場でも室温を維持できるというメリットがあり、耐用年数は15年から20年ほどとされています。

耐久性や機能性が優れており年間を通して快適な室温を維持するだけでなく、
省エネ効果によって電気代などを削減できるため長期的に考えると経済的です。

 

ただし遮熱塗料よりも価格が高く工事費用が高額になる可能性があるので注意してください。
遮熱塗料は熱を反射するため冬場は室温を保温しにくいという特徴があり、耐用年数は10年から15年ほどとされています。
性能では断熱塗料よりも劣りますがシリコン塗料と同じくらい安い価格で施工できるだけでなく、夏場の室温上昇を抑えて光熱費を削減できるというメリットが存在します。

塗料が効果を最大限に発揮するためには、屋根や外壁材の性能について十分考慮する必要があります。

金属屋根の家は屋根材の熱伝導率が高いため表面温度が伝わりやすく、夏場は室温が高温になってしまいます。遮熱塗料を使うと太陽熱を反射するため、他の屋根材と比較して高い効果を発揮しやすいという特徴があります。

亜鉛メッキ鋼板やガルバリウム鋼板などが使われた金属屋根の建物の場合は、遮熱塗料を使うと効果的に室温上昇を抑えることができます。屋根の直下にリビングがあるような建物も、屋根や外壁に遮熱塗装を行うことで消費電力を削減することが可能です。
高い場所は熱がこもりやすく夏場には熱くなるため、エアコンを使うと電気代がかかってしまいます。

コストパフォーマンスの優れた遮熱塗装をすれば、費用を抑えて施工できるだけでなく電気代も削減できるので経済的です。

夏場の室温を下げることを目的とする場合には遮熱塗装で足りますが、冬場の保温効果も求めるのであれば断熱塗装を選ぶとよいでしょう。遮熱・断熱塗装に使われる塗料には様々なものがあるので、建物の状態や目的に応じて最適なものを選ぶことが大切です。

MESSAGE

住まいるペイント代表
矢冨 俊行
TOSHIYUKI YATOMI

仕上がり
イメージが
わかる
カラーシミュレーション


診断無料


診断無料

2分で分かる住まいるペイントの全貌!

ホームページからのお見積もり依頼で
500ポイントプレゼント!
住まいるペイントはTポイント加盟店です

施工事例

住まいるペイントの外壁塗装、屋根塗装工事の施工事例をご覧下さい。

屋根・外壁塗装工事 施工対応エリア

住まいるペイントは大阪府(大阪市・豊中市・吹田市)、兵庫県(尼崎市・西宮市・芦屋市・神戸市)の北摂・阪神を中心に屋根・外壁塗装工事を承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。
※その他の地域の方もお気軽にご相談ください!

0120-808-737何でも相談ダイヤル 9:00~18:00(月曜日定休)

無料お見積もり